ホーム > 会員規約

会員規約

NPO法人 Mutual Help for Dentist 会員規約

第1条 名称・目的

【名称】

特定非営利活動法人Mutual Help for Dentistという。略称をMHDとする。

【目的】

この法人は、一般市民、歯科医療利用者、歯科医療関係機関、歯科医師、歯科衛生士等の医療従事者に対して、歯科医療の向上と発展、推進、及び教育に関する事業を行い、歯科医療機能の向上に寄与し、一般市民に対してより満足度の高い歯科医療が享受されることを目的とする。

第2条 本規約の範囲

本規約はMHDおよびその会員が関わる全ての活動について適応されるものとする。

第3条 会員登録

  1. 本法人は以下の会員によって構成される。
    ①サポートクリニック:MHD理事会にて認定を受けた施設で、本法人の活動を支援するクリニックとする。
    ②メンバークリニック:本規約を十分に理解し書面にて会員登録しHMDと共に活動を行うクリニックとする。
    ③エントリーDr(歯科医師)、エントリーDH(歯科衛生士):MHDの目的を十分に理解し、本規約に同意し書面にて会員登録をおこなった歯科医療従事者。
    ④本法人の活動に賛同する一般会員(歯科医療従事者以外)。
  2. 本規約を承認の上、規定の会員登録申し込みを完了後、MHDで承認したものを会員とする。
  3. サポートクリニック、メンバークリニックの代表者以外の方が入会を希望する場合は別に会員登録が必要である。

第4条 会員規約の遵守

  1. 禁止事項
    ①公序良俗に反する行為。
    ②法令に違反する行為。
    ③MHDおよびその会員もしくは第三者の財産、プライバシー等を侵害する行為。
    ④MHDおよびその会員もしくは第三者に不利益を与える行為。
    ⑤MHDおよびその会員もしくは第三者を誹謗、中傷する行為。
    ⑥MHDおよびその会員の活動を妨害、あるいはMHDの信頼を毀損する行為。
    ⑦MHDを介さないエントリーDrへの他歯科医院の斡旋行為。
    ⑧サポートクリニック、メンバークリニックの資格の譲渡。代表者の変更は可とする。
  2. 情報保護
    MHDのメンバー登録の際に知り得た個人情報に関しては、円滑な業務支援のみに使用するとし、MHDが保存、管理する。
    ただし以下の場合はその限りではない。
    ①メンバーが第三者に不利益を及ぼす行為をしたとMHDが判断し、警察または関連諸機関に通知する場合。
    ②裁判所、検察庁、警察、弁護士会、消費者センターまたはこれに準じた権限を有する機関から、メンバーの登録内容についての開示が求められた場合。

第5条 雇用契約

  1. MHDを介して人材の紹介があった場合、サポートクリニック、メンバークリニックとエントリーDr、エントリーDH間での雇用契約は各間で行うものとし、MHDは一切の責任は負わない。
  2. エントリーDrあるいはエントリーDHが職務上で起こしたトラブル、医療事故等の問題についてはMHDは一切の責任を負わない。

第6条 会費

MHDの定款に従い、入会手続き申請時に下記の入会金、年会費の納付が必要である。
年会費の有効期限は、入会日あるいは毎年4月1日から翌年3月31日までを期間とする。

入会金

30,000円(一律)

年会費

医療会員:50,000円
一般会員:10,000円
賛助会員:1口50,000円(1口以上)
※エントリーDrおよびエントリーDHは書面による登録のみで入会金、年会費は不要。

第7条 メンバープレートの取り扱い

  1. サポートクリニック、メンバークリニックは、その会員資格を有する機関において、窓外施設に対して、MHDメンバープレートを貸与される権利を有する。
  2. サポートクリニック、メンバークリニックが会員資格を喪失した場合、速やかにプレートをMHDに返却するものとする。尚、返還に係る一連の費用は会員が負担するものとする。
  3. プレートの破損、紛失、盗難が生じた場合、MHDと当該会員にて別途協議によりその弁償方法を定める。
  4. いかなる場合においても、会員はプレートの偽造、またはその協力行為を行ってはならない。

第8条 退会

  1. MHDの退会を希望する場合は、退会届を提出する必要がある。
  2. サポートクリニック、メンバークリニックが退会手続きを行う際にはメンバープレートを返還する。
  3. 本規約第4条-1.2に規定する禁止事項に違反した場合は、理事会にて判断の後に退会となる。

第9条 規約の変更

MHDが定める本規約の変更については、会員のへの事前通知(ホームページ上で)を行い、サイト上に1か月表示した時点で、すべての会員が了承したものとみなす。但し、第3者に不利益を及ぼす場合、不測の事態等の場合は理事会の承認を得て規約変更を実施する。

第10条 免責

  1. MHDの活動を通じて、メンバー間、あるいは第3者との間に生じた紛争に関しては自己の責任において解決するものとし、費用の弁済等の責任は一切負わない。
  2. MHDは、会員が属する施設における自己の一切の責任は負わないものとする。

第11条 管轄裁判所

MHDが介した活動を通じて、MHDと会員との間で訴訟の必要性が生じた場合は、大阪地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とする。

第12条 準拠法

本規約の成立、効力、履行および解釈に関しては日本法を適用する。

以上

平成25年4月1日 制定